新鮮組

代表メッセージ

新鮮組本部は、フランチャイズビジネス30年の歴史と経験があります。

新鮮組本部は、首都圏を核商圏としたフランチャイズ事業「本部」として、コンビニエンス事業店舗網、外食事業店舗網、弁当事業店舗網を積極的にすすめる会社です。
弊社に加盟するフランチャイズオーナーは、皆独立した企業や個人でそれぞれの地域に密着した営業活動をしております。

1982年中央区月島地区に弁当店舗第一号を創業し、以来30数余年フランチャイズビジネス一筋に成長を続けてまいりました。
社名である新鮮組の由来は「ご来店されるお客様のお気持ちを新鮮にしたい」そして「新鮮な商品を」「まじめで、おいしい商品を」地域のお客様に食べていただきたい一心で弁当店舗からスタートいたしました。そして仲間「組=チーム」が集まり、現在ではコンビニエンスストアー事業、外食事業、CVSキッチン展開と共に、複数店舗を希望するオーナーが加盟され「新鮮組チーム」として、共に栄え、共に成長する「ビジネス共同体」として成長しております。

今、小売業がおかれた環境は著しく変化しております。特に首都圏は、コンビニエンスストア一業態の独壇場でありましたが、超小型スーパーマーケットの出店攻勢、生鮮食料品を充実した同業者、ドラッグストアー、駅中小売・惣菜店などの競争が激しくなっております。
新鮮組は、こうした外部環境を踏まえ、コンビニエンスストアー事業は「ローソン商品開発力」を十二分に活かしつつ、新たにカフェ部門、インストアーベーカリー部門、店内キッチン弁当惣菜部門を加盟オーナーにご提供する店舗機能を、より一層磨きをかけてまいります。