株式会社新鮮組本部
お客様の要望をみて、何かできないか考えるのが好きです。
お弁当だけではなく、パフェやクレープ等の
スイーツもチャレンジしたい!

株式会社新鮮組本部

斎藤彩花(2015年入社・24歳)
商品開発

株式会社新鮮組本部
この仕事に携わるキッカケ

専門学校では栄養士科で、もともと食べることは好きでした。調理実習を通じて自分で作る楽しみを知って、美味しいものを食べると同じように作ることは好きになりました。
服部学園時代のアルバイトで結婚式のサービスをしているときお客様への説明した時、「ありがとう」の言葉を頂いて、サービスを通じて人と関わることは楽しいと感じました。
いまは「作ること、食べること、そして接客」の3つがつながってやりがい感じています。
 

株式会社新鮮組本部
会社にはいってみて

バイトは好きで働いていて、ひとつひとつの仕事に責任を感じていました。
社会人になって分かったことは、アルバイトの時は好きな人としゃべりたい時だけ話していたけど、社員になって回りの人とうまくコミュニケーションすることの難しさを感じました。
先輩が「お疲れ様」以外の会話が出来るのが羨ましかった。話す相手のことをよく知る、が大事だと感じました。研修で訓練する機会をもらって苦手な人でも話してみると違ったりと少しずつ出来るようになっています。いい先輩、職場環境に恵まれました。
 

株式会社新鮮組本部
仕事の難しさを感じることは?

一年前は先輩がいて指導してもらっていたのが、いまは指導する側に。
先輩の指導を思い出して、人を育てるにも相手の性格によって、言い方や捉え方が違う
どんな人がいるんだろう、に苦戦している
キッチンで 2人に指導(長いクルー、新人)その人流にならぬよう、

 

株式会社新鮮組本部
やりがいを感じることは?

数字が出たときの達成感と上司の評価です。
自分が上にたって数値管理をし原価率を守ったり、売上も伸びてきて目でわかる結果が出ると嬉しいです。そしてそれを見てくれる上司がいて、言葉で評価を伝えてもらったときにやりがいを感じます。
以前の店舗に異動で戻って、ベーカリー担当だったのがいまは弁当製造、軽食製造をしています。
昔やっていた店だったから親近感もあるし一年前よりももっといい店にしないとって思います。オフィスビルの中なので新しいお客様が多く、親しくなっても離れてしまう。固定のお客様をもっともっと増やしたい。
 

株式会社新鮮組本部
商品開発をしたい

現場でお客様の要望をみて、もっとこういうお弁当があったら、とか、余った食材を使って何か出来ないか、とか考えるのが好きです。
お弁当だけでなく麺類やパフェ、クレープとかスイーツも色々とチャレンジしたい

株式会社新鮮組本部
休日は?

友達とあちこち食べにいって、そんなときも仕事の話とかしてます。回りも食に関係する友達が多くて、仕事の話をするのも好きです。
 

株式会社新鮮組本部
ストレス発散方法はなんですか?

食べることです。学校の友達はもちろん、会社の人たちともよく出かけます。職場の人と仕事以外の関係があるのは良かったし楽しみでもあります。