株式会社新鮮組本部
食べ物を通して人に健康を届ける。
それがここでのわたしの存在意義だと考えています。
「身近に健康を感じられる」
そんな商品を作っていきたいです。

株式会社新鮮組本部

下荒地玲子(2021年入社・37歳)
商品開発

株式会社新鮮組本部
この仕事に携わるキッカケ

「これだけ食べていれば大丈夫!」そんなお弁当を作りたいと思い入社しました。
栄養指導をしていると対象者さんに必ずきかれるのは、結局何を食べたらいいか?です。誰もが気軽に利用できるコンビニエンスストアで「これだけ食べれば大丈夫」そんな商品があったなら…そんなお弁当を作りたいと思ったのがこの仕事に携わるきっかけです。身近に健康を感じられる商品をお届けできたらいいなと思います。

株式会社新鮮組本部
会社にはいってみて

今は現場でキッチン業務や製造管理などを経験させていただいています。楽しいことばかりではないですが、一生懸命作った商品をお客様が手にとってくださった時やセールストークを頑張って商品が完売した時などに喜びを感じます。お客様からありがとうと声をかけていただくことも多く、日常生活を送る中で人から感謝をされることはそんなに多くないので有難い仕事だと思っています。

株式会社新鮮組本部
仕事の難しさを感じることは?

売上げを維持することに難しさを感じます。
売り場をみて製造量を増やしても、予想が外れて廃棄になってしまったり…
まだまだ勉強中です。
また、一般の厨房では味付けや栄養成分に大きな違いがなければどんな食材を使っても問題ないのですが、コンビニのキッチンでは、原材料以外の食材は全て指定のものを使わなければいけない事もこの仕事ならではの難しさだと感じています。

株式会社新鮮組本部
やりがいを感じることは?

お客様からの「ありがとう」や「美味しかったよ」の一言にやりがいを感じます。

株式会社新鮮組本部
休日は?

愛犬と遊んだり、家族や友人と会うなどして過ごしています。パンが大好きなのでパン屋さん巡りをしたり、自分でも作ったりしています。 

株式会社新鮮組本部
ストレス発散方法はなんですか?

ずばり海外旅行!
その他旅行、映画鑑賞、カラオケ、ヨガ…など非日常を感じることをしてストレスを発散しています。