株式会社新鮮組本部
他店舗を管理し、色々な形のお店に携われる
立地によって力を入れた商品が売れる・売れないが変化する
そんなことを試せることが楽しみ

株式会社新鮮組本部

入江 純平(2008年入社・34歳)
ローソン 八丁堀チーム エリアSV

株式会社新鮮組本部
どんな仕事ですか?

今までは店舗にいて自分でひとつの店を管理していたのが今は直営 9 店舗の管理を任されています。
管理として求められているのは現場が結果を残せるようにサポートすることだと思う。
他の FC の模範になる成功事例出すことが直営の仕事で、結果を残した直営を FC 化すること、オーナーさんにご案内できるパッケージ・仕組化することまで。
 

株式会社新鮮組本部
出すべき結果とは?

利益です。利益を作るうえで、自分がやらないといけないのは人づくり。
自分がやれば出来るけど、現場にいる人たちにやってもらうこと、やってくれる人を育てること。
 

株式会社新鮮組本部
課題は?

教育はずっと自分の弱点、手を出さずに人に動いてもらうこと、
自分にも人にも甘く、厳しくガツガツいってうまくいかないことを考える悪い癖がありす。
その人のモチベーションと責任感を醸成していくかを第一に考えて自分の甘さを取らないといけません。

 

株式会社新鮮組本部
仕事の楽しみは?

多店舗を管理することになりいろんな形のお店に携われる。
立地、郊外、オフィス、条件の違う店舗を管理する面白みがあります。
例えば、立地によって力をいれた商品が売れる売れないが変化する。そんなことを試せることが楽しみ。
 

株式会社新鮮組本部
悩み

現場のほうが楽しいと感じることもあり、いまの立場の仕事の仕方の切り替えが出来てない。
ASV だが SV としての仕事、担当をさせてもらっているけど、プロセスを飛び越した役割をしていてやり方を分からず自らの経験のみでチャレンジしている。
大きな壁は、これから FC 担当になったらどうアプローチしたらいいか見えてない
その立場に自分がなることは、次の人たちのチャンスを作ることだと思っていて、成長する責任を感じている。
早く椅子を開けないといけないという思いです。

株式会社新鮮組本部
目標

現場の子たちがどうやったら結果をだし、成長することが出来るのか。
楽しく気持ちよく仕事できる環境をつくること、それが自分のやることかなと。