新鮮組

コンビニエンスストアーフ ランチャイズ事業

1986年より社名でもあるコンビニエンス ストアー「新鮮組」事業を展開。
2008年にローソンとメガフランチャイズ契約を締結し、さらに業績を拡大しています

ローソンのメガフランチャイズとして60店舗を運営

1986年9月にコンビニエンス ストアー「新鮮組」月島店をオープン。以来順調に店舗数を伸ばし、1988年には15店舗、1993年には45店舗、そして2008年にローソンとメガフランチャイズ契約締結後には60店舗に拡大。その後も年々業績・店舗数共に成長を続けています。

店内厨房で調理した「作りたて弁当」

躍進の理由の一つに、他店にはない独自の取り組み「店内厨房の設置」があります。30年で培ったノウハウを注ぎ込んだ店内厨房では、従来のコンビニエンス ストアー商品に加え、大人気のスパムおにぎりなど独自開発したメニューの「作りたて弁当」や「焼き立てパン」を販売。定期的に内容を見直し、季節感あるメニューを展開することで、他店、他チェーンとの差別化はもちろん、リピーター獲得にもつながっています。